<   2018年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

子どもの未来応援ネットワーク事業報告会

7月27日午後7時~南部市民センターで「子どもの未来応援ネットワーク事業」の報告会があり、参加しました。

市長や教育長、教育部長や大阪府の担当者も来られ挨拶しました。

c0348636_20032992.jpg
市の担当者からの報告のあと、3つの中学校区の代表の方からケースに取り組む中での報告がありました。
c0348636_20031120.jpg
c0348636_20030020.jpg
その後、大阪人間科学大学教授の山中徹二氏の指導の下、ワールドカフェというやり方で、ワークショップが行われました。

約10のグループに分かれ座っているグループで自己紹介など20分応援団としての役割や課題について話し合い、その後グループの一人を残し、後の人はバラバラなグループに移動し自己紹介や意見交流し、そこで出た意見を持ち帰りもう一度意見を出し合うという形です。そして、最後に意見をまとめ発言すると言うユニークなワークショップでした。

子どもたちを助けたいという大人たちの連帯の輪が広がっていることを、実感しました。

子ども食堂に参加したいけど、どこに連絡したらいいか分からないと言う意見もありました。

ぜひ、広報で知らせてあげてほしいと思いました。

担当者のみなさん、よろしくお願いします。







[PR]

by toyokita | 2018-07-28 20:30 | Comments(0)

門真市教育委員会第7回定例会

7月26日は午後から「教育委員会第7回定例会」が開かれ傍聴しました。
c0348636_19471609.jpg
議案等

今回の主な議案は、「特別教科 道徳」の来年度からスタートする中学校の教科書選定です。

教育委員さん其々が、選定するうえでの考えが述べられ、最終的に「東京書籍」の教科書が選ばれました。

委員の方は、「いずれにせよ、一つの考え方を強要するのでなく、教科書を用いて子どもたちが自由に考えられるものにしてほしい」との願いを込められ発言されていました。

今年度から、小学校ではいち早く道徳教育の教科化が始まっています。

教科化したことで、教師が道徳と言う思想信条の自由に関わるものを評価することが、憲法に違反することは間違いありません。数字では評価せず文章評価だと言いますが・・・
愛国心の押しつけなど、絶対に許せません。






[PR]

by toyokita | 2018-07-28 20:02 | Comments(0)

夕焼け(萱島駅周辺)

c0348636_19130343.jpg
萱島駅を望む(7月25日午後7時半頃)

夕焼けがあまりにも鮮やかで、思わずパチリ!



[PR]

by toyokita | 2018-07-28 19:17 | Comments(0)

飯盛霊園組合議会「飯盛斎場整備基金条例案」に反対!

7月23日(月)、飯盛霊園組合議会第2回定例会が行われ出席しました。
c0348636_18025093.jpg
飯盛霊園組合議会は、守口市、門真市、四条畷市、大東市の4市で行ないます。
今年度はじめてこの議会の議員となりました。
しっかり、頑張りたいと思っています。

今回の議案では、議長、副議長の選挙があり、議長に小原達郎議員(四条畷市)、副議長に松本光義議員(守口市)が選出されました。また、監査委員には高橋嘉子議員(門真市)が選任されました。

主な議案は、①飯盛斎場条例の一部改正 ②飯盛斎場整備基金条例案 ③平成30年度飯盛霊園組合一般会計補正予算(第1号)です。

①の飯盛斎場条例の一部改正は、火葬炉の使用料の改正で、関係市以外の住民が使用する場合の料金が改定される内容です。

②の飯盛斎場整備基金条例案は施設の老朽化に伴う火葬炉の入れ替えや斎場の建て替えなど、今後の施設整備に多額の費用が見込まれるとして、今後の4市の分担金を少しでも軽減し平準化することを目的に計画的な運営を図るため、基金を設立すると言うのが提案理由です。

私は、基金の必要性基金の原資について質問するとともに、今回の基金条例を制定するに当たり、関係各市の財政担当者との協議の有無について質しました。

答弁では、「基金の原資は一般会計全般で、原資については限定する必要はない」と答え、「基金条例については、市長など管理者には説明したが、各市の財政担当者には何も説明も協議もしていない」ことが明らかになりました。

今後、計画をつくっていく上で各市の財政担当者とも協議していくとのことですが、そもそも、議案を出す前に各市の市長等だけでなく、財政を預かる担当者に説明も協議もせずに提案されていることが問題だと指摘しました。また、基礎資料として事務局だけで策定した収支見通しすら全議員に示すこともせず、議会軽視だと指摘し反対しました。

③の平成30年度飯盛霊園組合一般会計補正予算(第1号)は今回の基金条例案に伴う基金の積立金が含まれていることから反対しました。

採決では、賛成多数でどの議案も可決されました。

私以外の議員は議案に対し、何一つ質問もせず、賛成しました。
それどころか、質疑答弁で合計30分ほどの私の質問が長いとかで、「後、どのくらいで終わりますか」と何度も議長、「質問回数に決まりはないのか」などと発言する議員がいました。
改めて、議会は何をするところなのかと、問いたくなります。








[PR]

by toyokita | 2018-07-28 19:12 | Comments(0)

法事で福井へ

7月21日は法事で福井市に行ってきました。
夫の父の7回忌と母の13回忌を親戚のみなさんと厳かに営んできました。
c0348636_16383317.jpg
予定では、7月8日でしたが、西日本豪雨により電車が運休し延期になりました。
当日は連日の猛暑で大変な暑さの中、みなさん汗だくだくになりながら、お参りしていただきました。
c0348636_16384613.jpg
遠いのでなかなかお参りができません。
次はいつ来れるやら・・・


[PR]

by toyokita | 2018-07-28 16:52 | Comments(0)

救援・復興募金にご協力を

7月15日、日本共産党議員団は4人そろって、後援会のみなさんと古川橋駅前で救援・復興のための募金活動に取り組みました。

c0348636_09533787.jpg
6月18日の大阪北部地震・7月の大豪雨の災害に遭われた方々への救援募金を訴える議員団。

また、7月15日は日本共産党の創立記念日でもありました。国民の苦難を取り除くために誕生した政党。それが、日本共産党です。創立96年となり、政党の中では日本の中では一番古い歴史をもっており、世界でもこのような長い歴史を持つ政党は多くはないようです。

ウソやごまかし、隠ぺい、セクハラ、数え上げればキリのない悪政・暴走政治を続ける安倍政権を退陣に追い込み、憲法に基づく(個人の尊厳、生存権の保障、戦争放棄)政治を実現させるため、野党共闘がすすんでいます。
立憲民主党・社民党・自由党・国民民主党らとも力を合わせ、本気で今の安倍政治を終わらせるために全力尽くします。ご支援よろしくお願いいたします。


[PR]

by toyokita | 2018-07-16 11:07 | Comments(0)

北巣本校区「夏まつり」

c0348636_10302979.jpg
7月14日、北巣本校区で夏祭りが開催されました。
この日は朝から酷暑の中、地域の役員の方々が準備をして下さっていました。本当にお疲れ様でした。
町内ごとには、焼きそばなどの食べ物やゲームなど模擬店を出していただき、たくさんの行列もできていました。

何年か前から、子どもたちを楽しませようとお化け屋敷も作られています。
私も入り口まで入らせてもらいましたが、足もすくむような恐怖が漂っていました。
c0348636_09531566.jpg

c0348636_09532793.jpg



[PR]

by toyokita | 2018-07-16 10:48 | Comments(0)

消えかかっていた横断歩道が安全に!

消えかかっていた横断歩道が整備されました。
場所は、北巣本小学校の近くの北巣本町と宮前町の間の交差点です。
c0348636_10184817.jpg

c0348636_09521017.jpg
c0348636_09524345.jpg
c0348636_09522171.jpg
今年の2月、地域整備課交通政策グループに「横断歩道が消えかかっている。危ないので整備してほしい」と要望していました。
担当課は、「警察の方に要望しておく」とのことでした。ようやく、6月末に整備されました。
もうすぐ、子どもたちは夏休みに入ります。
車やバイクを運転される方は、特に小さな子どもたちにもやさしい運転を心がけてあげてほしいと思います。








[PR]

by toyokita | 2018-07-16 10:27 | Comments(0)

安全なブロック塀の整備に向けて補助制度を

c0348636_12242652.jpg
6月18日に発生した、大阪北部大地震により、5人の尊い命が奪われていまいました。

学校のプールのブロック塀が倒壊し犠牲となった女の子。また、私有地のブロック塀の倒壊によっても市民の方が犠牲となりました。

いま、学校など公共施設の点検整備が始まっていますが、改めて、ブロック塀の安全点検と整備が急がれています。いくつかの自治体では、整備の促進させるため、早急に補助制度をつくりだしています。

是非とも、この門真市においても、導入されるべきと日本共産党門真市会議員団は、11日「危険なブロック塀を早急に撤去するための助成制度の創設」を市長に申し入れました。
 副市長の日野出俊夫副市長が応対し、早急な対策と既にブロック塀の整備を実施している市民にも適応するような内容を検討してほしいことも要望しました。

[PR]

by toyokita | 2018-07-15 12:29 | Comments(0)

大雨で歩道が水に浸かる

5日の午後、「豊北さん大変や、歩道が水に浸かって通られへんわ。すぐに見に行って!」と、地域の方から連絡があり、すぐに見に行きました。上島府営住宅の近くの歩道でした。
 昨日から降り続いた雨で、水路も歩道も民家の敷地の一部も浸水し通れない状態でした!
c0348636_19485992.jpg
すぐに土木課に連絡をし、見に来ていただきました。
作業者が到着するまで危ないので、その場に滞在することにしました。(約40分ほど)
結構、人通りの多い道で、通る人皆困った表情で迂回されていました。
c0348636_19481472.jpg
マンホールの蓋を道具で持ち上げると、さーっと水が引いていきました。
c0348636_19532069.jpg
作業の途中でも、水が引いた道を自転車の方がたくさん忙しそうに通られていました。
とりあえず、通れる状態にしていただきありがとうございました。
 今後も、まだまだ雨が続くとのことで心配です。
担当課には、根本的な原因を調べ整備されるよう要望しておきました。


[PR]

by toyokita | 2018-07-05 20:08 | Comments(0)