飯盛霊園組合議会「飯盛斎場整備基金条例案」に反対!

7月23日(月)、飯盛霊園組合議会第2回定例会が行われ出席しました。
c0348636_18025093.jpg
飯盛霊園組合議会は、守口市、門真市、四条畷市、大東市の4市で行ないます。
今年度はじめてこの議会の議員となりました。
しっかり、頑張りたいと思っています。

今回の議案では、議長、副議長の選挙があり、議長に小原達郎議員(四条畷市)、副議長に松本光義議員(守口市)が選出されました。また、監査委員には高橋嘉子議員(門真市)が選任されました。

主な議案は、①飯盛斎場条例の一部改正 ②飯盛斎場整備基金条例案 ③平成30年度飯盛霊園組合一般会計補正予算(第1号)です。

①の飯盛斎場条例の一部改正は、火葬炉の使用料の改正で、関係市以外の住民が使用する場合の料金が改定される内容です。

②の飯盛斎場整備基金条例案は施設の老朽化に伴う火葬炉の入れ替えや斎場の建て替えなど、今後の施設整備に多額の費用が見込まれるとして、今後の4市の分担金を少しでも軽減し平準化することを目的に計画的な運営を図るため、基金を設立すると言うのが提案理由です。

私は、基金の必要性基金の原資について質問するとともに、今回の基金条例を制定するに当たり、関係各市の財政担当者との協議の有無について質しました。

答弁では、「基金の原資は一般会計全般で、原資については限定する必要はない」と答え、「基金条例については、市長など管理者には説明したが、各市の財政担当者には何も説明も協議もしていない」ことが明らかになりました。

今後、計画をつくっていく上で各市の財政担当者とも協議していくとのことですが、そもそも、議案を出す前に各市の市長等だけでなく、財政を預かる担当者に説明も協議もせずに提案されていることが問題だと指摘しました。また、基礎資料として事務局だけで策定した収支見通しすら全議員に示すこともせず、議会軽視だと指摘し反対しました。

③の平成30年度飯盛霊園組合一般会計補正予算(第1号)は今回の基金条例案に伴う基金の積立金が含まれていることから反対しました。

採決では、賛成多数でどの議案も可決されました。

私以外の議員は議案に対し、何一つ質問もせず、賛成しました。
それどころか、質疑答弁で合計30分ほどの私の質問が長いとかで、「後、どのくらいで終わりますか」と何度も議長、「質問回数に決まりはないのか」などと発言する議員がいました。
改めて、議会は何をするところなのかと、問いたくなります。








[PR]

by toyokita | 2018-07-28 19:12 | Comments(0)