主権者教育について考える

c0348636_17081394.jpg
門真子どもを守る市民の会が、ルミエールで例会を開かれ、参加しました。

「高校生の社会参加を通して、主権者教育を考える」をテーマに、高校教師、

高校生が
日中韓で歴史を学び東アジアの平和な未来について語り合う

⇒「東アジア青少年歴史体験キャンプ」を通して学んだことについての報告を

受け、意見交換しました。

[PR]

by toyokita | 2018-04-02 17:29 | Comments(0)