金曜日の朝の事

私は、一昨年、門真市議会議員に当選させていただいてから、ずっと毎週金曜日の朝、京阪萱島駅で宣伝をし、国政や市政について訴えさせていただいています。
 11日の金曜日の朝のこと、宣伝も終わり事務所に戻りますと、地域のキッズサポーターをしている方が待っておられ、北巣本小学校の西門から入ったところの水道管が壊れて、何日も前から水が流れていると教えていただきました。
 さっそく見に行きますと、確かに水が道路の方まで流れていました。
教頭先生に訳を聞きますと、「近くに植えている桜の木の根っこが、伸びて水道管の栓を破損させたようだ。工事をするには地中深く掘る必要があり大きな音も出ることから、授業のない土曜日に工事をしてもらいます。」とのことでした。
 
c0348636_10550600.jpg

北巣本小学校の西門
c0348636_10550777.jpg

修理された水道管の栓
c0348636_10550796.jpg

この桜の木の根っこが伸びて水道管の栓を壊しました。
c0348636_10550746.jpg

工事が完了しました。ありがとうございました。

子どもたちの安全を守るため、毎日の見守りをしてくださっているキッズサポーターの方々、本当にご苦労様です。
これからもよろしくお願いします。
[PR]

# by toyokita | 2013-01-13 22:08 | Comments(0)

新年互礼会・大阪労連北河内地区協議会新春旗開き・門真市職労旗開き

8日は、11時から守口門真商工会議所の新年互礼会、夜は大阪労連北河内地区協議会の新春旗開きが行われ出席させていただきました。ありがとうございました。
 9日は、門真市職労の旗開きに出席させていただきました。
若い人たちの歌・演奏
OBの方たちによる軽音楽ライブと手品
そして、保育所支部のみなさんによるダンス等活気のあるつどいでした。
 「憲法活かし、平和で豊かな地域づくり、やりがいのある職場で希望ある飛躍の年に・・・」
と、委員長のあいさつ(一部)でした。
 私たち日本共産党門真市会議員団も共にがんばります。

c0348636_10550460.jpg

c0348636_10550586.jpg

c0348636_10550571.jpg

[PR]

# by toyokita | 2013-01-09 23:43 | Comments(0)

北巣本町・第2京阪道路高架下の公園整備始まる

北巣本町の第2京阪道路高架下の公園整備は、23年度にインターロッキングブロック舗装がされていました。
 その後の公園内の遊具やベンチの設置等の整備工事が年度末完成予定で7日から始まっています。
 地域では公園ができるということで、心待ちにされている方がたくさんおられます。
 私は、建設文教常任委員会で、北巣本町の公園整備にあたっては、十分地域の多様な要望を聞くこと、また、安心安全に楽しめる公園となるよう要望していました。公園が増えたことで、地域のコミュニティーがいっそう広がることを期待しています。
 まだまだ、子どもたちがボールを蹴ったり走ったりできる公園が学校以外にこの地域にはありません。
今後の課題だと思っています。

c0348636_10550474.jpg

[PR]

# by toyokita | 2013-01-08 15:48 | Comments(0)

父の一周忌でした

1月6日、私の父の一周忌を実家で行いました。
父は84歳で肺がんで亡くなったのですが、よく働く人で「おとうちゃんの趣味は働くことや」と言うほどでした。
実際、亡くなる少し前まで働かせていただいていました。
 癌と分かったのは、亡くなる9か月前で、右の肩の痛みが治療をしても、なかなか治まらないので詳しく検査をした結果、見つかりました。
 「もう少し早く分かっていれば・・・」
 「こんなになるまで放っておかなかったのに・・・」
「後悔先に立たず」ですね。
 早期発見、早期治療が大事ですね。
今は、払いたくても払えないほど保険料が高く、そのため病院の受診を控えている人も増えています。
気軽に病院に行けるような医療制度にしていかなければならないと、強く思いました。
[PR]

# by toyokita | 2013-01-07 00:34 | Comments(0)

前進座初春特別公演を観てきました

1月3日は、京都南座で日本共産党後援会「新春観劇のつどい」に参加し、前進座特別公演を観てきました。

c0348636_10550334.jpg


南座に行くのも、前進座の公演を観るのも初めてでわくわくして出かけました。
午後4時から8時までの4時間(途中休憩45分)たっぷり楽しませていただきました。
 公演は「赤ひげ」というお話です。
舞台は江戸時代、貧しい人々の治療に力を注いでいる医師「赤ひげ」の姿に主人公の若き医師が心を動かされ、変わっていく物語です。
 物語の中で何人かの患者が亡くなるのですが、その時の赤ひげのセリフが胸に残りました。
「自分の無能さに怒れ、悩め、傷つけ」

この言葉を胸に、私も、明日から住民の暮らしを守るためがんばっていきたいと思います。
[PR]

# by toyokita | 2013-01-04 00:23 | Comments(0)