参議院選挙で日本共産党の大躍進を!

c0348636_10554107.jpg


25日、日本共産党門真市会議員団は比例代表でお世話になります山本陽子さんと

門真市内を宣伝カーに乗って日本共産党の政策を語り訴えました。

 先の東京都議選で、日本共産党の議席が8議席から17議席へと倍増した結果を踏まえて

「参議院選挙でも躍進させてほしい」と訴えました。

 平和憲法を守るのか、それとも戦争が出来る国に憲法を変えられてしまっていいのかが

問われる選挙でもあります。

 7月4日公示21日投票の参議院選挙、消費税増税反対!TPP参加ノー!原発ノー!

憲法守れ!の声をあげて日本共産党と一緒に頑張りましょう!
[PR]

# by toyokita | 2013-06-25 17:54 | Comments(0)

門真市長選挙 佐々木よしと氏 大健闘!

6月16日に行われた門真市長選挙では、市民の苦しみに心を寄せる市政実現にがんばった

「住みよい門真をつくる会」の佐々木よしとさんでしたが、残念ながらを市長に押し上げる

ことができませんでした。

市長選挙の結果について、「つくる会」が出した声明文です。


        門真市長選挙の結果について「住みよい門真をつくる会」

 6月16日投開票の門真市長選挙で「住みよい門真をつくる会」推薦の佐々木よしと候補は、

8,419票(得票率30.67%)を獲得しましたが、残念ながら当選に至りませんでした。当選

は、現職の園部一成氏でした。

 佐々木よしと候補に貴重な一票を寄せていただいた市民のみなさんに感謝申し上げます。

また、ご支持、ご支援いただいた各団体、個人のみなさんに心からお礼申し上げます。
 
今回の市長選挙で投票率が27.77%と前回を5.63%下回り、過去最低となったことは、地方

自治にとって大きな警鐘を打ち鳴らしたものです。
 
昨年のゲリラ豪雨での対応や迂回寄付問題など、自治体首長としての「資質」が鋭く問われ

ました。 市役所周辺のまちづくりで「開発会社」に建物補償で30億円も支払おうとしている

ことについて、市民から疑問の声が寄せられたこと、合わせて、前面に押し出した自民党政

治が、アベノミクス、消費税増税、社会保障の改悪などの問題点が明らかになる中で、市政

への批判やあきらめの現れといえます。
 
こうした中で佐々木よしと候補が、前回票を下回りはしたものの、得票率では前回の

29.3%を上回ったことは、選挙戦を通じて市長の資質を問い、「子育てするなら門真」と

言われるようなまちづくりのために、子ども医療費助成制度の拡充はじめとした施策の推進

国保料の減免制度の拡充などの公約に対する共感と、このような市政を「変えてほしい」

との切実な願いが寄せられたものです。

 しかし、こうした願いを市政の転換につなげることが出来なかったことについては、今後

様々な検討が必要です。
 
私たちは、今回の選挙で寄せられた市民のみなさんの切実な願いを何よりも大切にし、子育

て施策や高齢者施策、まちづくりなど、選挙中に掲げた公約の実現に引き続き全力をつくす

とともに、「住みよい門真をつくる会」の運動をさらに広範な市民のみなさんとの共同で発

展させ市政転換の実現に向け全力をつくすものです。

                                 2013年6月17日
[PR]

# by toyokita | 2013-06-25 16:36 | Comments(0)

北巣本校区で防災訓練

9日、門真市長選挙が告示されました。16日が投票日です。

前回の市長選挙は投票率が、33.4%。6割上の方が棄権されています。

 これからの門真の市政を担うにふさわしい人を市民1人1人が投票に行って選びましょう。

この日北巣本校区では防災訓練が開かれましたのでお知らせします。。

5つの自治会から約70名の方が参加され、熱心に取り組まれていました。

c0348636_10553813.jpg

           (市の担当者の説明を熱心に聞く参加者)

c0348636_10553923.jpg


c0348636_10554060.jpg

         (真上から地域を見た地図を見ながらの話し合い)

今回は、簡易型図上訓練(愛称、D.I.G)で、地域を上から見た地図が市の職員から用意さ

れ、そこに各自治会ごとで話し合われ、主な河川・水路(青)、主要な道路(紫)、一時皆が集

まれる空地・広場(緑)、消防車が入れない狭い道路(赤)などマジックで色を書き込まれてい

ました。また、実際に災害が起こった時に、どういったことが問題となってくるのかということ

も話し合われ、発表されていました。

 門真市の危機管理課の担当者に後日伺うと、このD.I.G訓練は門真市では今回が初めて

とのことでした。

日頃から、それぞれの家庭で1ヶ月に1度防災の日をつくって話し合ったりすることも大切な

事ですと言われておりました。

 災害に強いまちづくりは、行政の役割です。これからも市民のみなさんの声を聞き

しっかりがんばります。
[PR]

# by toyokita | 2013-06-12 09:51 | Comments(0)

門真の市長選挙は16日、もうすぐです!佐々木さん萱島駅で力強く訴える

c0348636_10553757.jpg

 
6月7日、「住みよい門真をつくる会」の佐々木よしとさんが、「住みよい門真をつくる会」の方

たちと一緒に萱島駅で宣伝をしました。

佐々木よしとさんと一緒に私も訴えさせていただきました。

 昨年の8月14日に、ゲリラ豪雨でこの門真も大変な浸水被害に遭いましたが・・・

現市長は、8月1日から18日まで長い夏休みを取り続けました。

災害が起こった時には、災害対策の先頭に立つべき市長が、夏休みでとうとう18日まで

門真に帰ってくることがなかったんですよ。信じられません。

こんな市民に冷たい市長はもうごめんです!

佐々木よしとさんは写真からも誠実さがあふれています。

誰もが安心して住み続けられるまち、住みよい門真をご一緒につくりましょう。
[PR]

# by toyokita | 2013-06-08 02:02 | Comments(0)

6月議会終わる

6月3日から始まった第2回定例会(6月議会)が6日で終わりました。

私は一般質問で子育て支援について質問しました。

私は、かつては城垣町でちびっ子共同保育園(無認可保育所)で施設長をしていました。

我が子も赤ちゃんの頃から、認可保育所が定員いっぱいで入ることができず、ちびっ子に

預けていました。

「認可保育所をつくってほしい」と園に預けているお母さん、保育士たちと子どもを連れて

毎年、対市交渉をして頑張ってきました。

あれから20年余り経ちますが、いまだに門真市では待機児童が発生しています。

門真市では、待機児童数を今年5月1日現在では31人と答えていますが・・・

殆どのお母さんは、我が子を認可保育所に預けたいと願っているんではないでしょうか?

認可保育所に預けたいけど、入れないから認可外保育所で待っている子どもたち。

この子どもたちも待機児童と認識しカウントすべきですよね。

私の一般質問は議員団ホームページに載せていますので、見ていただきたいと思います。

誰もが安心して子供を産み育てられるまちにしていくためには、認可保育所の増設を

していただく以外にありません。
[PR]

# by toyokita | 2013-06-08 00:35 | Comments(0)