9月議会が終わりました

21日、22日と本会議が開かれました。
 21日の本会議では、まず、はじめに議案についての採決が行われました。
門真市立幼保連携型認定こども園条例の制定については、日本共産党議員団は条例の中に盛り込まれている「市立南保育園を廃止する」内容の箇所を除いた修正案を出しました。その主な理由は、待機児童がまだまだ解消されない中、拙速に廃止するべきでないという事です。福田英彦議員が提案理由と質疑にたいする応答を行い、賛成討論には私が立ちましたが、賛成少数で否決となりました。
 その後、この条例案に付帯決議案(市としてあらゆる政策資源を最大限活用しつつ、待機児童対策に取り組むこと)が出され、全会一致で採決されました。市としても、しっかり取り組んでいくことを期待し、今後も党議員団も対策をとるようしっかり求めて行きたいと思います。
「門真市こどもの医療費の助成に関する条例の一部改正について」、「門真市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例の一部改正について」、「門真市身体障害者及び知的障害者の医療費の助成に関する条例の一部改正について」は、大阪府の医療費改悪によるもので反対。また、「平成29年度一般会計補正予算について」もこれらに関する予算が入っていたため亀井あつし議員が討論し反対しましたが、賛成多数で可決されました。

c0348636_19095147.jpg
その後、市政に対する一般質問が行われ、私は22日に「弁天池公園の整備について」「第五中学校区地域協働センターの設置要望等について」「新生児聴覚検査補助制度について」の3点について質問しました。
詳細は議員団のホームページをご覧ください。




[PR]

by toyokita | 2017-09-24 19:59 | Comments(0)