文教常任委員会から行政視察

文教常任委員会が行政視察で、東京都足立区と立川市に行ってきました。
14日は、足立区で子どもの貧困対策の取り組みについて学んできました。
c0348636_20190791.jpg
        足立区役所
c0348636_20192535.jpg
足立区の人口は約68万人で門真市の5・5倍ですが、人口密度は門真市と同じくらいの自治体です。
足立区の子どもたちの現状も門真市に似ていて、子どもの貧困率も高くなっています。

貧乏と貧困は違う、貧困の連鎖を断ち切ること、そのために色んな対策が全庁的に取られていました。

15日は、立川市で学力向上の取り組みについて調査してきました。
子どもたちの思考力・判断力・表現力を伸ばすために、色んな対策が取られていました。
その中で、教師の授業力をアップするための「立川スタンダード20」について詳しく説明を受けました。

c0348636_20195851.jpg
c0348636_20205381.jpg
c0348636_20202733.jpg
私も色々質問をさせていただきました。

c0348636_20201188.jpg
立川市役所館内

門真市でも今回の2つのテーマはとても重要な課題であり、有意義な視察となりました。




[PR]

by toyokita | 2016-11-21 00:31 | Comments(0)